• JDCnavi

福岡で口腔外科専門クリニックを開業する入江彰彦歯科医師のインタビュー①

最終更新: 1月18日





今回から3号にわたって、福岡県博多市の、いりえ歯科口腔外科クリニック院長の、入江彰彦歯科医師のインタビューをお届けします。(同院のHPはコチラ )


自身の経営する医院で活躍するだけでなく、神奈川県のベル歯科医院や、長崎県のまき歯科をはじめ、10院ほどと提携をし、全国を飛び回って治療を施す入江歯科医師。


まるで、歯科医界の「ドクターX 大門未知子」のようです!!


インタビューでは、口腔外科への道を選んだ理由や、開院する際にこだわったこと、治療のコツまで教えてもらいました!



広く広めたいような、広めるのはちょっともったいないような、そんな内容になっていますので、お楽しみに♪


では、「口腔外科を選んだワケ」編スタート!


*******


まずは入江歯科医師のプロフィールから。


1994年 長崎大学歯学部卒業、歯科医師免許取得

1998年 長崎大学大学院歯学研究科修了、

     長崎大学歯学部口腔外科学第二講座助手採用、

長崎大学医学部附属病院麻酔科研修

     2002年 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科

     顎口腔機能再建外科学分野助手(現 顎口腔再生外科学分野)、

     長崎大学医学部・歯学部附属病院 第2口腔外科病棟医長

2006年 長崎県島原市 まき歯科勤務 他 

     東京、神奈川、千葉、大阪、長崎、佐賀、福岡の歯科医院と提携し、

     口腔外科やインプラント治療を担当

2012年 いりえ歯科口腔外科クリニック開院



小さな頃から器用だったという入江歯科医師。

「家庭科の縫い取りも、りんごの皮むきも得意な子どもでした」と幼少期を振り返ります。

父が病気に倒れ、その経験から医師を目指していた時もあったと話す入江歯科医師。

歯学部に入学後は「最も医師に近いイメージだから」と口腔外科への道を歩み始めます。

「切ったり、縫ったり、という特技が役に立ちました」とニヤリ。


大学に長らく勤務し、

2012年に博多駅前に、自身の口腔外科クリニックを開院。


口腔外科医を目指す学生へのアドバイスを伺うと、

「一般歯科に勤務しているだけでは、口腔外科になるのは難しいですね。

大学病院や大きい病院に残り、経験を重ねるしかありません。

長く大学に残り、たくさんの症例を診ないと、専門医や認定医の資格は取れません。

人数的には狭き門だと思いますが、あきらめずに進んでほしいです」と入江歯科医師。


開業医で、口腔外科専門のクリニックは、歯科医界でもほぼ初めての試みとのこと。

次回は、開業への思いや、こだわった点などを伺います!


*******


私の横向きに生えていた親知らずは、入江歯科医師が抜歯してくれました。すごーく、ドキドキして診察台にのぼり、冷や汗をかいていたのですが、手術時間はほんの20分ほど。

「早っ!!」と、ホッとしたことを覚えています。


術後の痛みも腫れもさほどなく、「神の手」を実感しました。


治療のコツなども、後日このメルマガで(^_-)-☆



いりえ歯科口腔外科クリニック院長 入江彰彦歯科医師のインタビュー②



最新記事

すべて表示

【仲井教授③】日本を子どものむし歯が少ない国ナンバーワンに

長く研究や臨床を続け、第一線で活躍している仲井教授にモチベーションを保つ方法を伺いました。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 「世界にはスゴイ先生がたくさんいらっしゃいます。 『ああいう先生になりたい』という高い目標が常にあるので、 飽きることも、モチベーションが下がることもないですね。 師である、ピーター・ミルグロム先生に会っ

【仲井教授②】いざアメリカへ!~留学生活で得たもの&キシリトールとの出会い~

1997年から3年間、仲井教授はワシントン大学歯学部 小児歯科学講座・歯科公衆衛生学講座へ留学しました。 実は、学生時代に留学を考えたことがなかったという仲井教授。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 それまで同大学から海外留学した女性歯科医師の前例はなかったからです。 背中を押したのは、大学院で出会った留学生たちの言葉でした。