• JDCnavi

福岡で口腔外科専門クリニックを開業する入江彰彦歯科医師のインタビュー③

最終更新: 1月18日



今回も福岡県博多市・いりえ歯科口腔外科クリニック院長の、

入江彰彦歯科医師のインタビューをお届けします。

(同院のHPはコチラ


口腔外科専門という、歯科医界でもレアな存在の同院。

入江歯科医師は、自身の医院だけでなく、

神奈川県のベル歯科医院や、長崎県のまき歯科をはじめ、

10院ほどと提携をし、

全国を飛び回って治療を施しています。


今回は、「痛くない治療のコツは〇〇にあり!」編をお送り致します。


*******


まずは、入江歯科医師の一日のスケジュールをざっくりとご紹介。


7時:起床

9時:家を出る、着いたら朝礼

10時~:午前の診察(抜歯、インプラント手術、抜糸など)

13時~:昼食

14時半~19時:午後の診察(抜歯、インプラント手術、抜糸など)

診察終了後は、カワイイ妻と子どものもとへ急いで帰る!


今後の目標を伺うと、

「仕事に直結する話ではなくて恐縮ですが、

『時間を有効に作る』ことを考えたいですね。

仕事も大切です。

でも、2歳と4歳の子どもがいるので、

家族の時間も作りたいですし。

健康のために運動もしたいですね」。


ワークライフバランスを考えた働き方を、

院長である入江歯科医師が先陣をきってすることは、

きっと、スタッフの働きやすさにもつながるのでしょうね。



最後に、痛くない治療のコツを聞きました!

「まずは、麻酔をきちんとすること。

歯周病、虫歯治療、抜歯など、

効果的な麻酔を打つ場所はそれぞれ違います。それをきちんと理解しておくことが大切です。

また、唇を引っ張るときなど、ちょっとしたことでも丁寧に行うことも重要です」。


ちなみに、入江歯科医師は自動の麻酔針を使用しているとのこと。

自分に合った器具を用意することも大切なんですね。


「また、患者様には自信を持って話してください。

自信がなさそうな説明は、患者様が不安になりますからね。

そして、できること、できないことはハッキリ説明してください」。


患者さんが喜んで、笑顔で帰ってくれるとうれしい、

それが何よりのやりがいだと話してくれました。


いりえ歯科口腔外科クリニック院長 入江彰彦歯科医師のインタビュー①

いりえ歯科口腔外科クリニック院長 入江彰彦歯科医師のインタビュー②

最新記事

すべて表示

【仲井教授③】日本を子どものむし歯が少ない国ナンバーワンに

長く研究や臨床を続け、第一線で活躍している仲井教授にモチベーションを保つ方法を伺いました。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 「世界にはスゴイ先生がたくさんいらっしゃいます。 『ああいう先生になりたい』という高い目標が常にあるので、 飽きることも、モチベーションが下がることもないですね。 師である、ピーター・ミルグロム先生に会っ

【仲井教授②】いざアメリカへ!~留学生活で得たもの&キシリトールとの出会い~

1997年から3年間、仲井教授はワシントン大学歯学部 小児歯科学講座・歯科公衆衛生学講座へ留学しました。 実は、学生時代に留学を考えたことがなかったという仲井教授。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 それまで同大学から海外留学した女性歯科医師の前例はなかったからです。 背中を押したのは、大学院で出会った留学生たちの言葉でした。