• JDCnavi

管理型と協力型を経験した臨床研修医のインタビュー 後編

*******


※2022年度からの歯科医師臨床研修制度改正については

 こちらをお読み下さい。


 ・008 どう変わる?歯科医師臨床研修制度(2022年)


*******


今回は、前回に引き続き、複数の研修先を選んで研修している

小森彩加研修歯科医師のインタビュー第2弾、


「おにぎり1個、何カロリー?」編をお送りいたします。


*******




小森歯科医師は、

鹿児島大学歯学部歯学科を卒業し、

東京医科歯科大学第二総合診療部で半年間の研修を経たあと、

現在、神奈川県のベル歯科医院で研修を受けています。


小森歯科医師は摂食嚥下に興味があり、

歯科医師を目指したとのこと。


数日前、近隣の総合病院の、嚥下外来科を見学する機会があり、

「これまでの診察とは全く違いました!」と話す小森歯科医師。


そこは、患者のほとんどが70代~90代で、

家族や施設の方に付き添われて来院する方ばかり。


患者に食事をしてもらい、

鼻から通したカメラで、飲み込みの様子などを確認。


「舌の動きが悪いようだったら、

舌の筋力アップのトレーニングをしていました。

歯が残っているか、入れ歯を使っているかでも、

指導が異なりました。


ごはんがいいのか、それともおかゆがいいのか、

体重が減ってきている方には、もっとカロリーを摂りましょう、

などの食事指導もしていました」


と話します。


「先生に、『おにぎり1個何カロリーか知ってる?』

聞かれたのですが、答えられなくて…。

指導するなら、栄養についての知識もなくてはと痛感しました。

テキストを買って、栄養士の勉強もしようと思います!」。


また、


「先生が『よろしく』と言いながら、患者様と握手を

していたんですが、

握手することで筋力を把握していたそうです」


と、

「むし歯を治療する」知識や技術とは、

全く異なるスキルが必要とされる現場に、

驚いたと話す小森歯科医師。


「本当に貴重な体験ができました!」


と話してくれました。


今後は、大学でさらに摂食嚥下についての勉強を重ね、

いずれは訪問専門の歯科医師になりたい、

と話してくれました。


*******


小森歯科医師が、インタビューの中で一番目を輝かせて

話してくれたのが、

この嚥下外来科見学の話でした。


2022年の歯科医師臨床研修制度の改正では、

こういった現場に立てる機会が増えるので、

むし歯治療以外の歯科医師の様々な役割や可能性を

見ることができると思います。


積極的に情報収集をして、

チャンスを活かしてくださいね。


ちょっとここでインタビューこぼれ話を。



「患者への対応もソフトで感じがいいし、説明も上手」と

ベル歯科医院の院長のお墨付きをもらう小森歯科医師。

学生時代は、アパレルショップでアルバイトをしていたとのこと。




「やはり、そういった接客経験が診察の場でも

活かされているんだろうね」と院長談。


また、学生時代、大学歯学部の水泳部創設にも

奔走したとのこと。

その前向きさや、現状打破の姿勢が、

研修先や今後の仕事をつかみに行く積極性に

つながっているのだと感じました。


学生の皆さんが今やっている、アルバイトや部活動、

そこでの経験やチャレンジが、

今後の色々なシーンで活きていくのでしょうね!


最後までお読みいただきましてありがとうございました。



管理型と協力型を経験した臨床研修医のインタビュー 前編

78回の閲覧

最新記事

すべて表示

【仲井教授③】日本を子どものむし歯が少ない国ナンバーワンに

長く研究や臨床を続け、第一線で活躍している仲井教授にモチベーションを保つ方法を伺いました。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 「世界にはスゴイ先生がたくさんいらっしゃいます。 『ああいう先生になりたい』という高い目標が常にあるので、 飽きることも、モチベーションが下がることもないですね。 師である、ピーター・ミルグロム先生に会っ

【仲井教授②】いざアメリカへ!~留学生活で得たもの&キシリトールとの出会い~

1997年から3年間、仲井教授はワシントン大学歯学部 小児歯科学講座・歯科公衆衛生学講座へ留学しました。 実は、学生時代に留学を考えたことがなかったという仲井教授。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 それまで同大学から海外留学した女性歯科医師の前例はなかったからです。 背中を押したのは、大学院で出会った留学生たちの言葉でした。

【仲井教授①】女性教授に聞く、歯科界の女性のキャリアの作り方

こんにちは! JDC naviブログ担当のマイ子です。 今回は、静岡県立大学短期大学部 歯科衛生学科 学科代表の仲井雪絵教授のインタビューをお届けします。 どんな方かといいますと…、 私がこれまでにインタビューさせていただいた中で、 一番元気でパワフルな方です!!! 新型コロナウィルス感染症予防のため、 今回は、電話でのインタビューだったのですが、 電話だけでも伝わるそのエネルギッシュさ! こんな