• JDCnavi

育児休暇から復帰した女性歯科医師へのインタビュー

最終更新: 2019年10月19日




現在、歯学部学生の7割を占める女子学生の皆さん、

いつか結婚して、子どもを産んで、と考えている方も多いのでは?


そんな皆さんのお役に立てればと、今年1月に育児休暇から復帰した、

冨山真理歯科医師のインタビュー記事をお届けいたします。






まずは、

冨山真理歯科医師の

プロフィールをご紹介。


徳島大学歯学部卒業。

2012年度 ベル歯科医院研修医。

現在5年プログラム5年目。現在31歳。

2016年12月より産休、育休を取得し、2018年1月に復帰しました。

ベル歯科医院では、初の産前産後休暇&育児休暇の取得者です。

そ・し・て、

モデルの森泉さん似の美人です( *´艸`)

私、取材しながら

見とれてしまいました。



インタビューのはじまりはじまり~♪




〔マイ子〕

  ご出産、そしてご復帰、おめでとうございます!

  ベル歯科医院では、初の産休、育休取得とのことですが、

  院長やスタッフに妊娠について報告したのはいつ頃ですか?


〔冨山歯科医師〕

  通常お勤めされている方は、安定期に入ってから報告する方が多いようですが、

  私はつわりがひどかったので、安定期に入る前、

  妊娠2ヵ月目くらいで報告しました。

  通勤途中、ものすごい吐き気でダウンして、

  医院にたどり着けないこともあり…。

  実は、担当している患者さんのご予約を

  急遽キャンセルさせていただくことや、

  ほかの先生に代わってもらうなど、

  患者様にもスタッフにも迷惑をかけてしまい、

  『辞めた方が良いのではないか』と考えたこともありました。


〔マイ子〕

  つわりがひどいと本当につらいですね。

  私の周りでは、食べ物や電車の中のニオイで吐いてしまうなど、

  生活に支障の出る人も多かったです。

  先生が続けようと考え直したきっかけは何でしたか?


〔冨山歯科医師〕

  スタッフもですが、患者様へ妊娠の報告と、産休、

  育休の予定などを伝えたところ、

  『おめでとう』と皆さん笑顔で言ってくださって…。

  自身の体験や、お孫さん誕生の話などをしてくださる方も多く、

  たくさんの祝福や皆さんからの励ましで、

  『子育てをしながらでも仕事を続けられるということを、身をもって示そう』

  と考えました。


〔マイ子〕

  休みに入る前に、引継ぎなどで気を付けたことは何ですか?


〔冨山歯科医師〕

  まずは、担当していた患者様の治療計画を確認し、

  私の休み中に担当させていただく医師を紹介。

  顔合わせをするようにしました。

  予防措置を進めている患者様には、担当歯科衛生士と相談し、

  1年間のスケジュールを組み立てました。

  そのほか院内の業務、歯科医師をまとめるサブリーダーの役割や、

  会議での担当を後輩に引き継ぎました。

  また、勤務時間についても、相談にのっていただきました。


〔マイ子〕

  2017年2月に無事出産。

  1年間の育児休暇中、医院の情報収集などはどのようにしていましたか?


〔冨山歯科医師〕

  毎週の会議の議事録は送っていただき、チェックしていましたし、

  スタッフとはメールなどで近況などを報告しあっていました。

  なので、いつも頭のどこかには仕事への思いがありましたね。

  復帰、すっごい楽しみだったんですよ~! 

  子どもはもちろんかわいいのですが、やっぱり仕事も好きですし。



現在は16時45分までの時短勤務で、仕事と家庭を両立している冨山歯科医師。

スタッフや患者様からたくさんの祝福をを受けたのは、

それまで真摯に仕事をし、患者様と向き合い、

信頼を得てきたからこそだと思います。

冨山歯科医師の産休・育休取得は、

あとに続く方たちへの大きな指針となったのではないでしょうか。



近日、「復帰後の激変生活編」をお届けいたします。

お楽しみに!



冨山真理歯科医師のインタビュー②

冨山真理歯科医師のインタビュー③

155回の閲覧

最新記事

すべて表示

【仲井教授③】日本を子どものむし歯が少ない国ナンバーワンに

長く研究や臨床を続け、第一線で活躍している仲井教授にモチベーションを保つ方法を伺いました。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 「世界にはスゴイ先生がたくさんいらっしゃいます。 『ああいう先生になりたい』という高い目標が常にあるので、 飽きることも、モチベーションが下がることもないですね。 師である、ピーター・ミルグロム先生に会っ

【仲井教授②】いざアメリカへ!~留学生活で得たもの&キシリトールとの出会い~

1997年から3年間、仲井教授はワシントン大学歯学部 小児歯科学講座・歯科公衆衛生学講座へ留学しました。 実は、学生時代に留学を考えたことがなかったという仲井教授。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 それまで同大学から海外留学した女性歯科医師の前例はなかったからです。 背中を押したのは、大学院で出会った留学生たちの言葉でした。