• JDCnavi

育児休暇から復帰した女性歯科医師へのインタビュー

最終更新: 2019年10月19日

ベル歯科医院で初めて、産前・産後休暇、育児休暇を取得した冨山真理歯科医師。

今回は、冨山歯科医師を支える周囲の方々の声をお届けしたいと思います。



改めまして、冨山真理歯科医師をご紹介!

  • 徳島大学歯学部卒業。

  • 2012年度 医療法人社団ベル歯科医院研修医。

  • 現在5年プログラム5年目。31歳。

  • NHKアナウンサー・久保田祐佳さんの美人です(^ム^) 

  • 2016年12月より産休、育休を取得し、2018年1月に復帰しました。

  • 現在は、9時半~16時45分の時短勤務をしています。



「スタッフの妊娠、出産、そして育児休暇、時短勤務。

こういった日がくることは、もちろん想定内でしたし、

院内規定なども整備していました」


ベル歯科医院鈴木院長。


「冨山歯科医師は妊娠中、

体調不良で急に休まざるを得ない日もありましたが、

その日に代行する歯科医師への指示は分かりやすく、

例えば応急措置のみなのか、どこまでを治療するのか、

などを明確に指示してくれたので、

業務に大きな支障が出ることはありませんでした」


と当時を振り返ります。


「休暇に入る前の引継ぎも丁寧で、

代行する歯科医師と患者様との顔合わせや、

患者様の注意点や治療予定など

すべて書きこんだ引継ぎリストを作成するなど、

スタッフがサポートしやすい環境を、

冨山歯科医師自身が作っていました」


急遽休むことになっても、どうしたらミッションを達成できるか、

次善策を指示できたこと、また、

休み中に患者様やスタッフに迷惑が掛からないよう、

丁寧な引継ぎ、誰もが分かるように文書として残すなど、

仕事に全力を尽くすスタンスが、

周囲の温かい応援を得られた大きな理由のようです。


「冨山先生が仕事に復帰して、

いっつも笑顔で楽しんでいるのが伝わって、

院内が明るくなりました」


とスタッフFさんは話します。


「事務、助手、歯科衛生士など女性スタッフが多く、

妊娠中の方もいますが、先生のおかげで、

今まで以上に協力し合おう、というムードになったと思います!」


勤務時間は限られていますが、無駄なく段取りを組み、

テキパキと仕事を進め、より上を目指す、

そして何より仕事を楽しんでいる冨山歯科医師は、

院内に良い空気を作り出しているようです。


産休や育休は権利ではありますが、

その上にあぐらをかくのではなく、

より良いムードを作り出す姿勢は、

お手本にしたいですね。



最後に、研修先、勤務先を探している女子学生の皆さんへ、

冨山歯科医師からメッセージ。


  私自身、『いつか結婚して出産する』と

  考えていたけれど、

  研修先を決める際に

  そういったことが可能な環境かどうかは

  意識していませんでした。


  ベル歯科医院は、現在歯科医師が9名。

  急遽休まざるをえないときに、

  代わって診察してくれる歯科医師がいる、

  という環境で本当に恵まれていると思います。


  そして、まだまだ、

  育児休暇や時短勤務などの規則が整っていない医院が多い中、

  ベル歯科医院ではきちんとルールが整備されていることも、

  本当にありがたく思います。


  研修先選び、本当に迷うと思います

  知り合いが行ったから、

  興味のある分野に力を入れているから、

  といったチェック項目に加え、

  働き続けることができる環境かどうか、

  育休や時短勤務などに関して院内に準備があるか、

  実績があるかなどを確認することも大切だと思います


女性はどうしても、結婚や出産が働き方のターニングポイントになりがちです。

様々な角度から、研修先を選んでくださいね。


冨山真理歯科医師のインタビュー①

冨山真理歯科医師のインタビュー②



166回の閲覧

最新記事

すべて表示

【仲井教授③】日本を子どものむし歯が少ない国ナンバーワンに

長く研究や臨床を続け、第一線で活躍している仲井教授にモチベーションを保つ方法を伺いました。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 「世界にはスゴイ先生がたくさんいらっしゃいます。 『ああいう先生になりたい』という高い目標が常にあるので、 飽きることも、モチベーションが下がることもないですね。 師である、ピーター・ミルグロム先生に会っ

【仲井教授②】いざアメリカへ!~留学生活で得たもの&キシリトールとの出会い~

1997年から3年間、仲井教授はワシントン大学歯学部 小児歯科学講座・歯科公衆衛生学講座へ留学しました。 実は、学生時代に留学を考えたことがなかったという仲井教授。 ホームページアドレス(URL)https://researchmap.jp/snowpicture12 それまで同大学から海外留学した女性歯科医師の前例はなかったからです。 背中を押したのは、大学院で出会った留学生たちの言葉でした。